新ママの味方であるたまひよショップ|様々なサービスを受けられる

ベイビー
  1. ホーム
  2. 専用の水がある理由

専用の水がある理由

ウォーターサーバー

ミネラルが問題になる

ウォーターサーバーを導入している家庭は増えていますが、近年は赤ちゃん専用の水を利用することができるウォーターサーバーが増えてきています。大人が普通に飲むウォーターサーバーの水と、赤ちゃん専用のウォーターサーバーの水の違いはミネラル分です。赤ちゃんのミルクを作る時に使われることが多いウォーターサーバーの水ですが、販売時の売りは「おいしい天然のミネラルたっぷりの水」ということではないでしょうか。大人ではおいしいと感じる水であっても、赤ちゃんの粉ミルクは水道水のミネラルを基準に製造されているので、大人が飲むウォーターサーバーの水ではミネラル分が多すぎる、少なすぎるといったこともあるため、商品によっては赤ちゃんのミルクづくりには適していないのです。

水道水との違いとは

赤ちゃんが安心して使えるウォーターサーバーの水は、天然水を一度ミネラル分まで含めてすべて取り除き純水という形に近づけておいてから、水道水と同じようなミネラルバランスになるようにミネラルが添加されています。これは粉ミルクが水道水で作った時にきちんと赤ちゃんに必要なミネラルが摂取できるように作られているためで、水道水では心配なさまざまな成分を取り除いた水でありながら、赤ちゃんのミルクを作るのにぴったりの水になっているのが赤ちゃん用のウォーターサーバーの水の特徴になります。母乳だけで育児を行っていればそこまで神経質になることもないかもしれませんが、ミルクを主体に成長している赤ちゃんの場合には、安全性も考えて専用の水を使えるウォーターサーバーを選択するのも一つの方法だといえるのではないでしょうか。